こんな時こんな物を贈ってはいけない【タブー集】

たかが語呂合わせ。でも不快は不快。

「縁起が悪い」「不吉な印象を与えてしまう」といった理由で、贈り物で避けたいものがあります。その多くは語呂合わせから想像してしまうものが多いわけですが、気にする方も多くいます。特に年長の方、贈り先の方のものの考え方がはっきりわからない場合は、たかが語呂合わせでも配慮しておくことに越したことはありません。

祝い事全般でのタブー

■「苦」「死」の意味にとられてしまう櫛

■「手切れ」「涙」を連想させてしまう白いハンカチ

結婚祝いのタブー

■「縁が切れる」につながってしまう包丁・ナイフ

■「割れる・毀れる」を想像させるグラス・陶器・鏡

■「2つに割れる」を連想させる偶数の贈り物

*ただし偶数であっても「2は1ペア」「6は半ダース」「12は1ダース」と数えられるので 贈ってもよいとされています。

新築祝いのタブー

■「火」につながるライター・灰皿・キャンドルや、火事を連想させる赤いもの

病気見舞いのタブー

■「根付く」が寝付くにとられる鉢植え

■病気が長引く印象のパジャマ・タオル

■葬儀につかわれる白菊、「死」「苦」のシクラメン、首からポロリと落ちる椿、花の色が色 褪せる紫陽花などはタブーとされています。

目上の人へのタブー

■「踏みつける」ととられる履物・靴下

■「勤勉」を意味する時計・鞄

様々なタブーがあるのは、贈られた方が不快に思われないようにするための、贈る側の気遣いでもあります。でも相手が希望されるのであればタブーを気にせず贈ってかまいません。