七五三祝い

お祝いの品は両親の希望を聞く。

七五三のお祝いは女の子は3歳と7歳。男の子は5歳(地域によっては3歳も)で祝います。七五三は家族の祝い事なので、贈りものの贈り主は祖父母や親しい親戚になります。晴れ着などは祖父母や両親が新調しますから、お祝いを贈りたいときは両親に希望を聞いてから選ぶと良いでしょう。

どんな贈りものが喜ばれているの?

当日の衣装に合う装身具類が喜ばれます。女の子であれば髪飾りやぞうり、靴、バッグなど。男の子であればぞうりや靴、帽子、ネクタイなどが主な贈りもののようです。希望が聞けなかった場合は、子どもが喜びそうなものを贈ります。

いつ贈ればいいの?

七五三は11月15日に行われる行事ですが、最近ではその前後の休日にお参りする方も増えています。ですからお参りの前には届くようにします。15日以降にお参りする場合は15日までに品物が届くようにしておきましょう。

七五三祝いの表書き。

■祝七五三:一般的な表書き。

■賀御髪置(おんかみおきをがす):3歳の男女児に贈るときの表書き。

■賀御袴着(おんはかまぎをがす):5歳の男児に贈る場合の表書き。

■賀御帯解(おんおびときをがす):7歳の女児に贈る場合の表書き。