初節句祝い

祖父母が贈りものをする初節句。

初節句は女の子ならば3月3日の桃の節句。男の子は5月5日の端午の節句に祝います。雛人形や武者人形、鯉のぼりは祖父母から贈ることが一般的ですが、贈りものが重ならにように事前に相談しておくことが大切です。母親の実家が人形を贈るのならば、もう一方はその他の記念の品にするようにします。

長男・次男、長女・次女にも同じものを贈るべきか。

長男に武者人形を贈ったら、次男には鯉のぼり。長女に雛人形を贈ったら次女には調度品を贈るなど、重複しないようにします。

親戚・知人・友人は何を贈る?

雛人形・武者人形はすでにあると想定して、それと重ならない人形やぬいぐるみ、おもちゃなどが喜ばれます。

雛人形・武者人形を贈るタイミングはいつ?

初節句だけは1ヵ月前から飾るというしきたりがありますので、余裕をもたせて1ヵ月以上前には届くようにしておきたいものです。それ以外の贈りものは1週間前までに贈ります。

初節句祝いの表書き。

■初節句御祝:男女共通で使えます。

■初雛御祝:女児の初節句の表書き。

■初幟御祝(はつのぼりおいわい):男児の初節句の表書き。