長寿祝い

「還暦には赤いちゃんちゃんこを贈る」でいいの?

長寿のお祝いを「賀寿(がじゅ)」と呼び、数え61歳の還暦から始まり、区切りとなる年毎にそれぞれの名称があります。最近では実年齢より若く見える方や、還暦が過ぎても現役で働いている方も増えていますから、「赤いちゃんちゃんこ」を贈るのはもはや過去のものになりつつあります。

贈りものは本人が希望するものを贈ってかまいませんが、身につけるものであればやや若目のものを選ぶのが喜ばれるポイントです。

賀寿の名称と由来

還暦(61歳):十二支の干支は60年で一巡し、61歳で生れた干支に戻る

古希(70歳):「人生七十古来稀なり」(杜甫)という詩の一節が由来

喜寿(77歳):「喜」の草書体が七十七に見える

傘寿(80歳):「傘」の略字は八と十の組合せに見える

米寿(88歳):「米」の字を分解すると八十八になることから

卒寿(90歳):「卒」の略字は九の下に十を書き、九十に見えることから

白寿(99歳):「百」の字から「一」をとると「白」になることから

百賀(100歳):100歳以降は毎年祝う

賀寿にはそれぞれイメージカラーがある。

下記のように賀寿にはそれぞれテーマカラ―ががあります。贈りものを選ぶ時はちょっと意識してみてもいいかもしれません。

■赤:還暦

■紫:古希・喜寿

■金茶:傘寿・米寿

■白:卒寿・白寿

長寿祝いの表書き。

■祝喜寿

■喜寿御祝

■賀華甲(かこうをがす):還暦を祝う表書き。
「華」の字は十が6個と一がひとつでできており、甲の字は物事の始まりの意味がある。

■寿福:すべての賀寿に使える

■祝御長寿