結婚祝い

どんな贈りものが喜ばれているの?

新生活には様々なものが必要です。親しい間柄なら本人たちから直接欲しい品を聞けば、重複が避けられます。何を贈ればいいか迷う時は、重複するのは覚悟の上で実用品を選びましょう。その際ちょっと高価なものを選ぶのが喜ばれるコツです。リクエストされた品物が高価で一人では負担しきれない場合は、友人たちと購入し連名で贈る方法もあります。

贈るタイミングは何時がいい?

挙式の1週間前までに直接届けるのが正式とされていますが、式前の慌ただしい時にお邪魔するのを避けるためにショップやデパートから配送してもらっても問題はありません。

結婚祝いでタブーの品物とは。

ハサミや包丁、ナイフは「縁を切る」、ガラス製品や陶器は「毀れる」という連想から結婚祝いの品物としてはタブーとされていました。若い世代は気にしなくなっていて、ワイングラスやティーセットなどが人気のようですが、ご両親や祖父母が気にされる場合は避けた方が無難です。

またセットになったものを贈る場合「2つに割れない」ようにするため、奇数の数を揃えるのが良いといわれています。偶数であっても2は1ペア、6は半ダース、12は1ダースと数えることもできますので、贈っても問題はありません。

贈りものの添え状のタブー言葉。

品物に先駆けて添え状を送るのがマナーですが、その添え状で使ってはならない「忌み言葉」がありますので注意が必要です。

■「別れる」「終わる」「切れる」:別れを連想

■「たびたび」「たまたま」:再婚を連想

■「飽きる」「去る」「嫌う」:不安定な状態を連想

■「こわれる」「失う」「散る」:不幸を連想

個性的でオリジナルな贈りものにしたい場合は?

せっかくのお祝いですから一味違うものをと考えるなら、ひと手間かけた贈りものが喜ばれるのではないでしょうか。たとえば、

■新居のウエルカムボード(ふたりのネーム入り)

■名前や似顔絵入りの陶器

■オリジナルな絵柄デザインの食器

など、長く印象に残る贈りものにしたいものです。