受賞・受章祝い

受賞・受章祝いは、贈るタイミングが大切。

ある分野から賞をうけるのは「受賞」。国から褒章や勲章を授けられるのは「受章」。どちらの場合も非常におめでたいことなので、受賞(受章)を知ったらすぐに電話や電報などで、まずお祝いの気持ちを伝えましょう。お祝いは後日あらためて贈ってもかまいません。

どんな品物を贈るのが喜ばれる?

受賞・受賞後すぐに贈るのなら、シャンパンや日本酒などの酒類、尾頭つきの鯛や伊勢エビなどを贈る習わしがあります。日を開けてから贈る場合は、本人から希望を聞いてから選んでもいいでしょう。記念に残る贈り物には一工夫することも大切です。例えば、同じ懐中時計を贈るにしても本人のイニシャルが入ったものにすれば、一生記憶に残る贈りものになります。

受賞・受章祝いの表書き。

■祝御受章:勲章や褒章を受けた方に

■御受章御祝:賞を受けた方にはこの表書きを。