昇進・栄転祝い

部や課、同期で祝うのが基本。

職場の上司や同僚の昇進を祝う時は、職場の慣習にしたがって部課単位で行うことが一般的です。所属する部署全員でお祝いの品を贈ります。栄転する場合は同僚が幹事となって送別会を開き、上司の出席のもと記念品を贈ることがマナーです。

贈るタイミングはいつがいい?

正式な辞令が出てから贈ります。栄転の場合は引き継ぎ、引っ越しなどの煩雑な作業もあるため、本人の都合を大切にして、遅くとも転居の一週間前までに贈るのがよいでしょう。

どんな贈りものが喜ばれる?

昇進の場合は身の回りの品やゴルフボールなど、本人の趣味に合ったものが喜ばれます。また、栄転の場合は引っ越しを伴いますから荷物になるようなかさばるものは避けるようにしましょう。目上の人に現金を贈るのはタブーですから、趣味や好みを親しい人などにリサーチして品物を選ぶようにします。

個人的に贈りたい場合は?

「仲人をしてもらった」「仕事以外でもお世話になった」など、職場以外でお付き合いしていた場合は個人的に贈りものをするのは喜ばれますが、贈り物を手渡すのは職場以外の場所にしましよう。職場は職場。プライベートはプライベート。この切換えが昇進。栄転を問わず職場での贈りもののマナーの基本です。

取引先の人の昇進・栄転はどう祝う?

まず祝電を打ち、お祝いの言葉を伝えます。お祝いの品を贈るかどうか、何を贈るかは会社の慣例や前例に従います。

昇進・栄転祝いの表書き。

■祝御昇進:一般的な表書きです。

■御昇進御祝:縁起のいい5文字の表書き。

■御栄転御祝

■昇進おめでとう:同僚から贈る昇進祝いの表書きはこうします。

■御餞別:栄転かどうかはっきりしない場合は「餞別」にします。