お歳暮

お歳暮は一年の感謝を込めた年の暮のご挨拶。

お歳暮は一年を締めくくる贈答ですから、お中元より重要な贈りものといえます。ですからお中元を贈った方には必ずお歳暮を贈る決まりになっています。この時期に一度だけ贈りたい場合は、表書きを「御礼」「感謝」などとしておきましょう。

お歳暮を贈る時期は?

12月初旬から20日頃までに届くように手配します。このタイミングを逸した場合は、1月7日までに「お年賀」として贈ります。もっと遅くなった場合は「寒中御見舞」として贈ります。

関東と関西で異なる「お歳暮でもらいたい商品」。

関東と関西では喜ばれるものが微妙に違います。贈る際のご参考にしてください。

お歳暮にもらいたい商品ベスト10
東京大坂
1位:商品券商品券
2位:産直の生鮮食料品ビール
3位:ビール洗剤
4位:コーヒーコーヒー
5位:ハム・ソーセージハム・ソーセージ
6位:のり・乾物産直の生鮮食料品
7位:洋菓子調味料・食用油
8位:調味料・食用油100%果汁飲料
9位:100%果汁飲料のり・乾物
10位:洗剤石けん

贈り先が喪中であってもお歳暮してもよい。

お歳暮はお祝いではなく感謝の気持ちを伝えるご挨拶ですから、喪中であっても贈ってかまいません。ただし、四十九日の間は控えるのがマナーです。

お歳暮の表書き。

■御歳暮

■献上:先方に持参する場合。

■御年賀:1月7日までに新年のご挨拶として贈る場合。

■寒中御伺:1月7日以降立春まで使えます。